オイカワ(稚魚/成魚) コイ科 Zacco platypus

2013/01/16
オイカワ 稚魚

オイカワの稚魚

オイカワの成魚(上:オス 下:メス)

「はえ」「しらはえ」「はえじゃこ」などとも呼ばれます。属名のZacco(ザッコ)は、日本語の「雑魚(ざこ)」にちなむもので、17世紀にシーボルトが持ち帰った標本を元に名付けられました。恐らく当時の日本人がこの魚の呼び名を聞かれ、「ざこ」と答えたことに由来するのでしょう。
成魚は15cmほどに成長し、特に産卵期の雄には美しい模様があらわれます。雌はやや小さく、色も銀白色で地味です。西日本を中心に各地の川の中下流に分布し、鴨川での個体数は大変多く、浅瀬では稚魚の群れが至るところにみられます。オイカワの稚魚はメダカと間違われることも多いものですが、メダカは特徴的な体形や動き方をしているので、慣れればすぐに見分けることができます。

産卵期は春から初夏で、川の平瀬の砂利の中に卵を産みます。この際、美しい色をまとった雄同士はナワバリをめぐって激しく闘争します。一方、冬のオイカワは「寒バエ」と呼ばれ、釣りの対象となるほか、白焼きや塩焼き等で美味しくいただけます。

カテゴリー: 魚類

ナマズ ナマズ科 Silurus asotus

2013/01/16
ナマズ 顔

こんなに大きくなりました

2011年6月に卵を発見し、持ち帰ってふ化させたナマズ。1年と少したった2012年秋に全長を計測すると、約40cmにもなっていました。小魚や市販の配合飼料をあげていますが、食欲がものすごく、あっというまに平らげてしまいます。鴨川では2012年もナマズの産卵があったようで、稚魚が見つかりました。肉食魚であるナマズが毎年産卵し、成長できるということは、それを下支えする小魚などの餌が十分にあるということを意味します。都市近郊としては比較的良好なこのような環境を、いつまでも残したいものです。

カテゴリー: 魚類

カワウ ペリカン目ウ科 Phalacrocorax carbo

2013/01/16

カワウカワウは近年、日本各地で増えている鳥です。特に琵琶湖での増加はすさまじく、現在は2万羽以上いると言われています。今では信じられないことですが、日本のカワウは1970年代に全体で3000羽ほどまで激減し、絶滅が心配されていました。

カワウが増加すると困るのが、漁師さんや釣り人です。ペリカン目に属することから想像されるように、カワウは魚を食べる鳥です。食べる量も多く、一説には琵琶湖の漁師さんが年間に漁獲する量を上回る量の魚が、カワウの胃袋に消えているとも言われています。

カワウの急な増加の原因はよくわかっていません。琵琶湖のカワウが食べているものを調べた結果によると、春・夏はアユ、秋・冬は外来魚のオオクチバスやブルーギルが主だったそうです。もしかすると、アユが産卵を終えて死んでしまい、餌の確保が難しかった冬場に、安定供給される食料である外来魚が出現したことが、カワウの増加に関係しているのかもしれません。

カテゴリー: 鳥類

ヌートリア ネズミ目ヌートリア科 Myocastor coypus

2012/03/29
ヌートリア

鴨川のくいな橋付近で撮影されたヌートリア

鴨川にカワウソ出現?!いえいえ、写真の動物は南米原産の外来生物、ヌートリアです。
水辺にすむ、60cm・10kg以上にもなる世界最大のネズミの仲間で、日本には戦時中に毛皮採取を目的として持ち込まれました。その後毛皮の需要が低迷するとともに遺棄されたり、逃亡した個体が、西日本を中心に大繁殖。
近年では関東地方でも生息が確認され、今なお分布拡大中です。

川岸でのほほんと休んでいる姿はいかにもかわいらしく、エサをあげる人までいるそうですが、これはやってはいけない行為です。

体が大きいだけに食欲も旺盛で、畑の作物を食べたり、水中の貝類を大量に食べるなど、農業や生態系への被害が報告されています。おまけに体は大きくても「ねずみ算」的に増えるため、あっという間に被害が拡大します。そのため環境省では本種を「外来生物法」にもとづく「特定外来生物」に指定し、飼育や譲渡を禁止しています。また多くの自治体でワナを使った駆除もすすめられています。

というわけで、もし鴨川で見かけても、絶対にエサを与えないでください!

カテゴリー: 哺乳類

ケリ チドリ科 Vanellus cinereus

2011/12/13
ケリ

警戒するケリの親(左)と、草むらに隠れようとするヒナ(右)

ケケケッ!ケケケケッ!!!
春先に水質研究所の駐車場で作業をしていると、頭上を白と茶色の鳥がけたたましく鳴きながら飛び回ります。ケリです。子育て中の親鳥が人間を外敵とみなし、威嚇しているのです。たいへん気の荒い鳥で、相手が人間であろうと、カラスであろうと、巣やヒナに近づく相手には激しく威嚇してきます。ケリと言う名前はこのけたたましい鳴き声からついたそうです。

毎年春になると、ケリの夫婦が研究所近くの鴨川の河原や空き地に巣を作ります。産卵からふ化、ヒナの独立まで、約2ヶ月。その間、ケリの夫婦は子どもの世話をしながら、ナワバリ防衛行動を続けます。生まれて間もないヒナはよちよちと歩いては虫などのえさをついばみ、危険を感じると親のおなかの下に隠れます。見ていてとてもかわいいのですが、その間も親はケケケッ!と鳴いてこちらをにらみつけてきます。そんなに怒らなくても何もしないよ・・・と思うのですが、言葉が通じないので退散するまで怒られっぱなしです。

今年(2011年)も2羽のヒナの成長を観察することができました。研究所周辺は鴨川が流れ、畑や空き地が点在していることから、営巣や子育てに適した土地なのでしょう。

カテゴリー: 鳥類
鴨川いきもの紹介へ